挽肉の栄養素・保存方法・レシピ

画像なし

挽肉には、豚、牛、鶏、豚と牛の合挽きなど様々な種類がありますが、日持ちしないため、出来るだけ早く使い切りましょう。

選び方

  • 黒ずんでいないものを選びましょう

保存方法

常温では
できません
冷蔵では
挽肉は傷みやすいので、冷蔵保存の場合最低でも次の日には使い切りましょう。
冷凍保存
ラップで包んで平たくした後冷凍庫へ。1ヶ月ほど持ちます。

その他

挽肉を使ったレシピ

サイト内リンク